(番組放送日:2016年1月7日)

※この情報は放送当時のものですので、現在は変更されている場合がございます。

日本で慢性的な肩こりに悩んでいる人は、約1192万人と言われています。いろいろな改善法を試したものの、どれも効果がないと諦めていませんか? そんなあなたに朗報!あっという間に改善できる治療法があるんです!

専門外来ナビ

今回教えてくれるのは、肩こりに挑み続けるスーパードクター、東京慈恵会医科大学付属病院・麻酔科の北原雅樹先生です。

肩こりのメカニズム

専門外来ナビ

ある患者さんの肩こりの原因は、実は肩以外の場所にありました。
仕事の電話を1日3時間以上かけ続けることがあるこの方の場合、左手で電話を持ちつつ、右手でメモをとるという姿勢が肩こりの原因。左右の肩の高さを比べてみると、左肩がかなり上がって見えます。

専門外来ナビ

先生の診断の結果、肩こりの原因となっていたのは、なんと首の付け根のコリ。首のコリから生まれる痛みが筋肉を伝い、肩に緊張を走らせて「肩こり」と感じさせていました。肩そのものに異常が発生しているわけではなかったのです。このケースのように、痛みの大元となる筋肉が凝り固まったところを、「トリガーポイント」と呼びます。
このトリガーポイントは、人それぞれで異なります。ほかの患者さんの場合は、お酒とタバコで内臓に負担がかかったため背中の神経周りの筋肉がトリガーポイントになっていました。

北原先生は、どこにあるかわかりにくいトリガーポイントを探すために、患者さんに8ページ以上の問診票を記入してもらっています。

トリガーポイント療法とは

専門外来ナビ

トリガーポイント療法とは、筋肉の中にある、患部を刺激すると痛みが広範囲に広がる所(トリガーポイント)を「針」を使ってほぐすことで、肩こりを劇的に改善する治療法のことです。
指では太すぎて到底届かない、凝り固まったトリガーポイントに、注射針よりも細い針を刺し、ピンポイントでマッサージ。こうして固まった筋肉を和らげるのです。
トリガーポイント療法をしている間、針が曲がってしまうことがありますが、これは弛緩したことで筋肉が大きく広がることで、針が筋肉に持っていかれてしまうため。トリガーポイント療法が、いかに短時間で凝り固まった筋肉をほぐすのかがよく分かります。

家でできるストレッチ

専門外来ナビ

トリガーポイント療法以外にも、家でできる簡単なストレッチで、肩こりの悩みを軽減することができます。
やり方は画像のように片手で首を倒しながら首を伸ばします。
この時、肩が落ちないようにするのがポイント。
10秒セットを3回。左右両方行いましょう。
テレビを見ながら、仕事の合間など、気づいたときにできるのでオススメです。

治療の効果

専門外来ナビ

治療の結果、左手を上げただけで痛みがあったという患者さんが、左手を使って楽に掃除ができるように!

専門外来ナビ

さらに、上がっていた左の肩もだいぶ下がりました。
諦めかけていた肩こりも、トリガーポイント療法を受けて劇的に改善!
ただし、肩こりは生活習慣が原因で起こっているため、一時的にトリガーポイント療法をしても、いずれは元に戻ってしまいます。
普段の姿勢に気を付けたり、お酒の飲み過ぎ、タバコの吸い過ぎに注意するなど、生活習慣を正すことで、よりいっそう効果が期待できるそうです。

※本記事の情報は特定の医師や医療機関への受診を推奨するものではありません。医師や医療機関へ受診はご自身の判断で慎重に行って下さい。